阪大るろうに浪人生のブログ

るろうに浪人生が河合塾で大阪大学を目指すブログ

こわいもの。

そいつは徐々にやってくる…

 僕にはこわいものがあります。

そいつのこわい所は日々確実に迫りつつあるところです。

 

秋です。

秋?

秋です。

秋は僕のトラウマです。

なんせ僕は現役時代に秋~冬は勉強していませんでしたから。

心が折れてました。

模試の成績が落ち、確実に姿を露わにしつつある

入試というものに押しつぶされていました。

 

今になって考えてみると、僕ってメンタルが弱すぎますね。

 

浪人したからには反省を活かし、絶対に最後まで

受験生をやり遂げる。

ということを当然考えているわけなんですが、

こうすれば絶対に防ぐことができる。

という絶対的な方法もありません。

模試の成績が落ちたらこうする。

勉強に対するやる気がなくなったらこうする。

風邪を引いて勉強できなくなったらこうする。

周りの成績の伸びに負けたらこうする。

という風に数学のように場合に分けて考えてもみました。

しかし、結局のところパターンなんて無限にあるわけで

パターンと解決策のいたちごっこが僕の脳内で始まりました。

 

そこでです。

最近考えていることは、もっと根本的なことです。

装備を取り揃えようとするのでは駄目だと思いました。

根本的なこと、なぜ僕が勉強しているのか。

なぜ不安に晒されるという苦労に立ち向かってまで

勉強するのか。

それは、大学受験という名のとおり大学に行くためです。

単純です。

 

ならなぜ大学に行きたいのか?

僕はこれを自問したときに自答できませんでした。

ここが欠けているから、現役時代は挫折したのでしょうか。

まだ分かりません。

なんとなくで勉強していちゃ駄目なんですかね。

まだ時間はあるので、ゆっくりと大学に行く理由を見つけていきたい

ですね。

 

「僕は大学でこれがやりたいから絶対に合格しないと駄目なんだ!」

という「これ」に該当するものを見つけられることが理想です。

 

それと、一つとしてブログを続けるのもモチベ維持にアリな

気がします。

今日は僕の一日の出来事は書きませんでしたが、

ブログで一日を振り返り、書くのも良いですよね。

 

最後まで勉強できた人に比べて僕は何が足りないのかまだ分かりません。

3月にずっと考えていましたが、結局分かりませんでした。

とにかく、秋冬に挫折しないことを念頭に置いて過ごしていきます。

今年こそは後悔のない一年にします。